FANDOM



ネタバレ注意
このセクションはLobotomy Corporationのストーリーに関連したネタバレを含んでいます。
自身でストーリーを楽しみたければ、注意して読み進んでください。

... 私を封じ込めたまま、
ここに到るまでの旅は楽しんだか?
Did you have fun while I was locked up here?
- ビナー
ビナーは施設のために働くセフィラの一人であり、抽出チームの責任者です。プレイヤーは抽出チームを開放した後、ゲームの37~42日目に彼女と出会います。

彼女の髪型は左右で長さの異なるアシンメトリーです。 黒い髪ですが長く伸ばした毛先は金色に染まっています。 感情もなさげな黒い目を持っています。 髪が短い方の耳には骸骨にも鍵にも見えるイヤリングをしています。 黒いドレスの上から外套を羽織っています。

テキストボックスなどのUIから、彼女に関連付けられているメインカラーは黒色です。

ビナーが与えるミッションは、E.G.O.に関するものが多いです。

人柄 編集

ストーリー 編集

彼女のモデルとなった人物はガリオンという名前の女性です。ガリオンは[頭]の実動部隊[爪]の一員であり調律者と呼ばれていました。 L社を襲撃するもカーリー(赤い霧)と殺し合い、相討ちという形で敗北。瀕死の状態をL社に捕縛され、その後Aの手により非合法かつ、非人道的な方法で頭や翼に関する情報を抜かれた後、セフィラにされました。

関係 編集

崩壊 編集

WARNING WARNING WARNING WARNING WARNING WARNING WARNING
セフィラ崩壊によるクリファ顕現
セフィラコアの抑制が必要
このセクションはLobotomy Corporationのストーリーに関連した重大なネタバレを含みます。
自身でストーリーを楽しみたければ、注意して読み進んでください!
WARNING WARNING WARNING WARNING WARNING WARNING WARNING WARNING

バックストーリー 編集

調律者が帰ってきます。ーセフィラコア抑制時の警告よりー

テキスト 編集

管理テキスト 編集

部門開放:

  • "久しいな。私は抽出チームを担当している。また会うことになるだろう。"
  • "抽出チームを開放するのか?"

研究選択:

  • "この研究をやるんだな?"

エージェントパニック(セフィラコア抑制前後で変化なし):

  • "<Name>の精神は夢の中をさまよっている。"
  • "<Name>の境界が崩れた。そう簡単には戻れないだろうな。"

エージェント死亡(セフィラコア抑制前後で変化なし):

  • "<Name>の命が途切れた音が聞こえたな。"
  • "<Name>も、この地に眠る無数の墓の1つに加わった。"

アブノーマリティ脱走(セフィラコア抑制前後で変化なし):

  • "<Name>が抜け出したようだ。面白い光景を見られるかもしれん。"
  • "<Name>が収容室を出た。部屋が狭すぎたのだろうか?"

エージェント全滅(セフィラコア抑制前後で変化なし):

  • "静かだ。誰もいない。"
  • "最後の息が消えた。残ったのは静寂だけだ。"

セフィラコア抑制 編集

セフィラコア抑制:

  • "今度はお前自身の力で私を止められるのか?"
  • "今度は彼女の助けを借りずに私を止めてみろ"
  • "昔の感覚が戻ってくる"
  • "この体はこうやって使うこともできるんだな。脆弱だが、興味深い"

  • "この体は制約が多すぎるな"
  • "この力を先に知っていたなら、私達もこの力を扱えただろうに"
  • "頭を欺いたままこの場所で、これほど大胆なことを再び行っていたとはな"

  • "私を越えられないようなら、結局はまた頭に踏み潰されるだけだろうな"
  • "この軛を壊したとしても、それはしばらくのことだけだ"
  • "私達は外へと飛び立てはしない"
  • "この監獄から出たとしても、お前一人で何ができるというんだ?"
攻撃:
  • "撒き散らせ"
  • "妖精ども"
  • "分析、圧縮、展開"
  • "私の前に立つな"
  • "湧き出せ"
  • "崩れろ"
  • "響け"
  • "鍵の凝縮"
  • "収束"
  • "開放"
  • "暴れ出せ"
  • "出てこい"
  • "崩れ落ちろ"
  • "扉を開けてやろう"
  • "ここで一緒に沈み込もうか"
  • "眠るといい"
  • "曲げる腰はない"
  • "薄まれ"
  • "機会を逃したか"
  • "波は再び襲いくる"
  • "一人では止められはしない"
  • "素晴らしい"
  • "お前は未熟者だ"
  • "大きな流れは、掌で受け止めることはできない"
  • "ちっぽけなお前だけでは止められないさ"

コア抑制達成:

  • "これだけ出来るのなら、見守る価値はありそうだな"

光の種「鎖を断ち切り、恐怖に向き合う眼」
編集

私がなぜここまで残忍になれるか教えてやろうか?

人間はみな、不安を抱えながら生きている。

それは未知の領域に対面した時に感じる当然の対価だ。

しかし、私はこの世界で生き残るために、その恐怖を受け入れず、私自身を飲み込んだ。

それが私が犯した最初で最悪の悪行なのだよ。

後悔はしない。生きるための選択だからだ。

貴様も同じではないかね?

私の頭をバラバラに分解していた貴様の表情で分かったのだよ。

仕方なかったと言うかも知れないが。

そろそろ忘れていた恐怖に向き合ったほうがいい。

この鎖を断ち切りたければな。

余談 編集

  • セフィラたちのモチーフは生命の樹であり、ビナーは3番目のセフィラの役割を果たしている。
  • 作中の引用詞はフランシス・ジャムの「桜草の喪(Le Deuil des primevères)」
  • ビナー語をはなす。

ギャラリー 編集

セフィラコア抑制BGM 編集

セフィラコア抑制BGM