FANDOM



ネタバレ注意
このセクションはLobotomy Corporationのストーリーに関連したネタバレを含んでいます。
自身でストーリーを楽しみたければ、注意して読み進んでください。

私は懲戒チームのゲブラーだ。
I am Gebura, head of the Disciplinary Department.
- ゲブラー

ゲブラーは施設のために働くセフィラの一人であり、懲戒チームの責任者です。プレイヤーは懲戒チームを開放した後、ゲームの27日目または32日目に彼女と出会います。

彼女は赤色の長髪で、瞳孔の無い灰色と褐色のオッドアイを持ちます。 顔には幾つも傷痕があり、そのうちの1つは右目にかかるように残っています。 彼女は暗褐色の保護スーツの上に赤いジャケットを羽織っています。 腕には彼女のイニシャルである「G」という文字が書かれた腕章を身に着けています。

テキストボックスなどのUIから、彼女に関連付けられているメインカラーは赤色です。

ゲブラーが与えるミッションは、アブノーマリティの鎮圧に関するものが殆どです。

人柄 編集

ストーリー 編集

関係 編集

崩壊 編集

WARNING WARNING WARNING WARNING WARNING WARNING WARNING
セフィラ崩壊によるクリファ顕現
セフィラコアの抑制が必要
このセクションはLobotomy Corporationのストーリーに関連した重大なネタバレを含みます。
自身でストーリーを楽しみたければ、注意して読み進んでください!
WARNING WARNING WARNING WARNING WARNING WARNING WARNING WARNING

モデルとなった女性の画像→

彼女のモデルとなった人物はカーリーと言う名の女性です。カーリーは便利屋の一人であり、物語に度々登場する裏路地と言う場所では[赤い霧]と、呼ばれていたようです。彼女は裏路地?のような場所でカルメンに出会いました。カルメンはカーリーの優しさを気に入り、カーリーを見事口説くことに成功。カーリーはL社の用心棒となりました。人から頼りにされることに幸福を感じ始めたのもつかの間。 ミシェルの裏切りによって頭の襲撃を受け、調律者との同士討ちになってしまいます。その後、カーリーの死体を用いてゲブラーが製作されました。

私が唯一出来ることは、邪魔者を排除し、叩き潰すことだけだ。 それが人の役にたつとわかったとき、私は嬉しかった。 それ故に、結局誰も守れなかった事実が、あまりにも苦しかった。

バックストーリー 編集

テキスト 編集

管理テキスト 編集

部門開放:

  • "私は懲戒チームを受け持ってる。懲戒チームを開放して管理パートに行くか?"
  • "懲戒チームを拡張して管理パートに行くんだな?やるならさっさとやれ。"

研究選択:

  • "この研究で間違いないな?"

エージェントパニック(セフィラコア抑制前/後):

  • "おい、<Name>がおかしいぞ?"
  • "おい、<Name>が正気じゃない。どうやら私の部門に腰抜けがいるようだ。"
  • "<Name>が精神状態が良くないに違いない。早く様子を見てこい。"
  • "<Name>が狂ってしまったようだな。死力を尽くした結果だろうな?"

エージェント死亡(セフィラコア抑制前/後):

  • "<Name>が死んだ。<Name>は勇敢な職員だったな。"
  • "<Name>が死んだ。<Name>の仇を取ってやれ。"
  • "<Name>は死んだ。勇敢なやつだったな。"
  • "<Name>が死んだ。怒りを抑えろ。"

アブノーマリティ脱走(セフィラコア抑制前/後):

  • "<Name>が脱走したそうだ。貴様と私の出番だ。目にもの見せてやれ!"
  • "管理人、準備はいいか?<Name>の制圧の時間だ。"
  • "<Name>が脱走したぞ!...いや、興奮せず落ち着いて立ち向かうぞ。"
  • "<Name>の鎮圧の用意は出来てる。あとは管理人の号令だけだ。"

エージェント全滅(セフィラコア抑制前/後):

  • "私の部門の職員が全滅した。悲しいがあいつらも誇りを持って死んだことだろう。"
  • "職員が全滅した。この事を決して忘れるな。同じミスを繰り返さないためにな。"
  • "私の部門の職員は全員死んだようだ。死はいつも高貴なものだ。"
  • "全滅だ。この瞬間を決して忘れるな。"

セフィラコア抑制 編集

セフィラコア抑制:

  • "こんな場所は私がすべて破壊するしかない"
  • "何も守れなかった私に、いったい何が残る"
  • "貴様らのような未熟者に私が倒せるとでも?"
  • "E.G.Oの本当の使い方を見せてやる"

  • "私が帰ってきた。苦痛より歩み出た赤い霧"
  • "昔のように私は弱くないぞ。どれだけ切られ、どれだけ壊されてもまた復旧すればいいのだからな"

  • "決して忘れられないこともある..."
  • "毒のような憎悪は私を消滅させ、再び目を覚ますようにしてくる"

  • "どれだけ時間が経とうと冷めないものもある"
  • "化物はいつも人を殺す。その罪悪に終りはない。私は奴らを罰するためにやって来た"

  • "まだだ、まだ足りない。まだ私の怒りは収まらない...私は止まるわけにはいかない"
攻撃:
  • "赤目"
  • "懺悔"
  • "弾けろ"
  • "黄金の道よ、開け"

  • "何もないはずだ"
  • "斬る"
  • "さあ、最初からだ"
  • "静かな楽章"
  • "地中の天国"
  • "血の霧だけだ
  • "レガート"
  • "頼んだぞパートナー"

  • "まだ足りない"
  • "私が何の準備もしてなかったとでも?"
  • "黒い笑顔"
  • "食われてしまえ"
  • "ジャスティティア"
  • "審判だ"

  • "終りだ"
  • "ここに終末を..."
  • "裂けろ"
  • "邪魔だ"
  • "私の邪魔をするな!"
  • "弱い!"
  • "狩りを始める"
  • "王の道よ、開け"
  • "昔のようにはならないか..."
  • "壊してやる..."
  • "殺してやる..."
  • "止まるものか..."
  • "まだ足りない..."
  • "結局...この力では何一つ叶えられないのか..."

コア抑制達成:

  • "ああ...壊れていく...だが、この体が粉々になろうとも、もう武器は放さない..."

光の種「守り抜く勇気」 編集

ハッキリとした理由も分からないまま、私はいつも怒りに満ちていた。

何か重要なことを見逃してる気がしたが、それが何かは分からなかった。

貴様も見たとおり、見当違いの方向で私はその怒りを解消していた。

だが、目的もなく放出される狂気は、消えることはなかった。

貴様が私を止めてくれなかったら、それは膨らんでいったまま、私自身もそれに食われただろうな。

...我々は最初に戻ることはできない。

あまりにも多くの状況が変わってしまったからだ。

だが、貴様が私を止めてくれたおかげで、少なくとも彼女との約束を守れたんだ。

だから貴様も思い出すんだ。

彼女は、貴様が罪悪感で苦しむことより、残った者たちを守り抜くのを望んだはずだ。

余談 編集

  • セフィラたちのモチーフは生命の樹であり、ゲブラーは5番目のセフィラの役割を果たしている。

ギャラリー 編集

セフィラコア抑制BGM 編集

セフィラコア抑制BGM