FANDOM



このページは、公式ウェブサイトやティーザートレーラーなどに姿が出てくるものの、未だゲーム内に実装されていないアブノーマリティを集めたページになります。

ゲーム内に正式実装された場合、名前や外観、設定や危険度などが変更される可能性があります。
また、いずれかのアブノーマリティが正式に実装された場合は、このページから削除する必要があります。

彼らについての追加情報(予告編やリンク)、または公式の情報も追記することができます。

Beanstalk without Jack 編集

Beanstalk without Jack Portrait

Subject Number: F-03-16-Z
Beanstalk without Jack(ジャックなしの豆の木) は、巨大な豆の木の形をしたアブノーマリティです。その情報は、公式Twitterで確認することができます。

「500년 전의 선물」

"Gift from 500 years ago"
狂った話だと思われるかもしれないが、ある職員がこの豆の木を一番に登ると決心し、登りきったらしい…… もしも豆の木に「頂上」があるのならば、彼はおそらくそこに住んでいるだろう。
It might sound like a crazy story, but I heard there was an employee here who was determined to climb the tree right up to the top and he did..... If there even is a ‘top’ of the beanstalk, he’s probably living there, I guess.
- Beanstalk without Jack

Book without Pictures or Dialogue 編集

Book without Pictures or Dialogue

Subject Number: T-04-11-T
Book without Pictures or Dialogue(絵や会話の無い本)は、貧しい脚本家の手帳に似ているが、それよりも大きい茶色の古びた本です。
その情報は、公式Twitterで確認することができます。

「무슨 쓸모가 있을까?」

"what is the use of a book?"
職員たちの間では、数多くの馬鹿げた噂話が広がっている。その一つにこんな話がある。何かしらの方法で「絵や会話の無い本」に記入すると、願いが1つ叶うというものだ。とても信じられない話だが、一部の職員は本気で信じているようだ。
Employees have a lot of ridiculous rumors. Of those one of them is as follows. When one has filled ‘Book without Pictures or Conversation’ in whatever way, then the book may grant one wish. It may sound absurd but many take the rumor seriously.
- Book without Pictures or Dialogue

Clown Smiling at me 編集

Clown Smiling at me

Subject Number: O-01-17-H
Clown Smiling at me(僕を笑うピエロ)は、笑顔で誰かを凝視している、ピエロの肖像画のようです。それはおそらく動くことが可能です。
その情報は、公式Twitterで確認することができます。

「나는 너가 즐겁게 웃어주었으면 좋겠어」

"I wish you would laugh more"
私は一刻も早くその収容室から出るべきだった。そのピエロは何か別の道具を取り出し始めた。私はそれを道具だと思っていた。その瞬間だけは。
I should have come out of that confinement zone immediately. It picked up another tool, I thought it was a tool, At that moment.
- Clown Smiling at me

Fallen Amurdād 編集

Fallen Amurdād

Subject Number: F-01-26-Z
Fallen Amurdād(堕落したアムルダード)は、何かの植物の集まり、または何処かの庭のようです。 その情報は、公式Twitterで確認することができます。

「흐드러지다」

"full glory"
このアブノーマリティは単なる血まみれの植物人間などではなかった。
それは私の言うことすべてを聞き、理解する。
The creature was never simply in a bleeding vegetative state. It has and will, hear and understand, all that I have and or will say.
- Fallen Amurdād

My Sweet Orange Tree 編集

My Sweet Orange Tree

Subject Number: O-02-23-W
My Sweet Orange Tree(ぼくのオレンジの木)は、一帯に浮かぶ黄色、ライトブルー、および緑色の粒子のような形のない何かです。

このアブノーマリティはティーザートレーラーに登場しました。
それは収容室内の職員を浮遊させていました。これはおそらくこのアブノーマリティの特殊能力でしょう。 公式Twitterでもその情報を見ることができます。

「가장 ‘순수’했던 기억」

"as long as the memory is ‘innocent’"
それはなぜ「潔白」なのか? 数えきれないほどの議論と慎重な研究の結果、我々はそれを[Redacted]と定義した。
But why is it about ‘innocence’? After countless assumptions and careful research, we learned that it could be defined as [Redacted].
- My Sweet Orange Tree

ゲームファイルにはぼくのオレンジの木の各種テキストが残されています。

Pale Horse 編集

Pale Horse

Subject Number: F-02-22-Z
Pale Horse(ペイルホース)は、長い尾とたてがみを持つ青白い色の馬です。
その情報は、公式Twitterで確認することができます。

ペイルホースは、歌う機械のエンサイクロペディアにその名前が登場しています。
『けれどその日[削除済]は、そこに行かなければならないと主張してきました。「ペイル・ホース」は、彼が言ったことに明確に反応していました。私は「ペイル・ホース」が反応したときに[削除済]を考えているとは思いませんでした。』

「단순한 우연일 거라고 생각했죠」

"I thought it was just a coincidence."
ジョセフは興奮した様子で私に近づいてきた。彼は、世話をしていたアブノーマリティが自分を見つめて涙を流したと……嬉しそうに話した。その後、ジョセフはどうなったか?彼は数ヶ月前に「何もない」に殺された。その馬は我々を認めて涙を流したわけではなかった。それは我々から死の匂いを嗅ぎとったのだ。
Joseph came to me excitedly to share something. He said something about how a creature he had taken care of kneeled and cried in front of him. You know Joseph? He was sacrificed to The Nothing There a few months ago. The thing didn’t recognize us. It had smelled death on us.
- Pale Horse

Pumpkin Carriage 編集

Pumpkin Carriage

Subject Number: F-05-21-T
Pumpkin Carriage(カボチャの馬車)は、腐敗したカボチャの馬車のような見た目をしています。その情報は、公式Twitterで確認することができます。

「열두시」

"Twelve o’clock"
そのアブノーマリティは、あの栄光の一日を忘れてなどいなかった。
すべてが腐りきっていたが、その夜の記憶が朽ちることはなかった。
The thing itself had never forgotten its glory days. Everything was rotting but the memory of that night wasn’t.
- Pumpkin Carriage

Puss in Boots 編集

Puss In Boots Portrait
Puss in Boots

Subject Number: F-02-24-T
Puss in Boots(長靴をはいた猫)は、白い後足と緑色の瞳をした、黒い猫です。
その情報は、公式Twitterで確認することができます。

「솔깃한 제안」

"Attractive suggestion"
私が人間に話しかけることはほとんどありません。光栄に思いなさい。
私と手を組んだ人々は、巨万の富と栄光を得る事ができます。
王にまで上り詰めた無能な農家の息子の話はもう聞きましたか?
I’ve never started a conversation with a human before. You should be honored. All who hold my hand receives riches and glory. Did I tell you about that time when I turned a farmer’s useless son into a king?
- Puss in Boots

Silent Girl 編集

Silent Girl

Subject Number: O-01-0-T
Silent Girl(無口な少女)は、目を閉じて胸を覆う、青い髪をした色白の少女の絵が描いたステンドグラスです。その情報は、公式Twitterで確認することができます。

「야릇한 죄책감」

"Sensual Guilt"
以前までは、収容室に職員が一人で入っても問題無かった。
我々は一週間の観測を行ったが、その少女は攻撃的な様子は見せず、ただ後ろ手に危険な武器を隠し持っていた。
Silent Girl’s room permitted one employee. There was never any trouble before. Really, during the observation week, it didn’t show any signs of aggressive behavior, just that it hid weapons behind its back.
- Silent Girl

Someone's Portrait 編集

Someone's Portrait

Subject Number: O-01-19-T
Someone's Portrait(誰かの肖像画)はシンプルな肖像画のように見えます。それは赤い目で何処かを見つめています。
その情報は、公式Twitterで確認することができます。

「그저 '초상화'라고요.」

"it just a 'Portrait'."
あの肖像画は観測や作業を行っても何の動きも見せなかった。
だが、これだけは言える。
あのいけ好かない肖像画は我々が油断するのを待っていたのだ。
I swear, that f****** portrait wanted us to underestimate it. How else could it stay so still during the observation and stuff?
- Someone's Portrait

Missed Angel of Death 編集

Missed Angel of Death Portrait
Missed Angel of Death

Subject Number: O-01-13-H
Missed Angel of Death(失われた死の天使)は、二つの存在で構成されたアブノーマリティのように見えます。背の高い未知の存在と、その前に小さな子供が立っています。
その情報は、公式Twitterで確認することができます。

「저는 당신을 보고싶어」

"I’m Missin’ U"
私は言わなければならなかった。
「手を放してしまってすまない」と意味のない謝罪の言葉を伝えるべきだった。
だから……私をもう一度あの収容室まで連れて行ってほしい。
I should’ve said, ‘I’m sorry that I let go of your hand’ and apologized, even if it didn’t mean anything. I’m sorry to ask this but… Can you take me to that room again, please?
- Missed Angel of Death

Unknown Abnormalities 編集

ティーザートレーラーや開発者のアイデアスケッチなどに姿を見せたアブノーマリティです。
名前や詳細は判明していません。

余談 / Trivia 編集

  • 最初期のバージョンのゲーム内では、”Someone's Portrait(誰かの肖像画)”が実装されていると考えられていたが、延期になった。